斎場で行う家族葬儀と一般葬儀の違い

Pocket

準備に時間がかかる一般葬儀は、現在減少傾向にあるといえます。
核家族化が進んでいるのも要因の一つになっています。
現在増えているのは、家族葬儀です。
一般葬儀との違いは、いろいろありますが一番わかりやすい違いは参列者がいるかいないかです。
一般葬儀ならば、故人の知り合いなど関わりがある人を呼ぶことになります。
必然的に参列者の数は多いです。
そのため、費用が高くなり、故人と過ごす時間も短くなることが多いです。
また、多くの人が来ますので駐車場などの場所を確保しなければいけません。
臨海斎場は葬儀会場も広い場所を確保しなければいけないので、日程を組むのが難しいこともあり得ます。

家族葬儀の場合、基本的に参列者はいません。
家族のみで行いますが親戚など身近な人物を呼ぶこともあります。
準備にそれほど時間がかからないのが特徴です。
人数が少ないので葬儀会場は、小規模なものを利用する人が多いです。
そのため費用も高額になることはありません。
ただし、一般葬儀でも家族葬儀でも業者を見つけておく必要があります。
できるならば、生前のうちに業者を見つけておけば準備にかかる時間を減らすことができます。
生前のうちに家族葬儀にするのか、一般葬儀にするのかを決めておけばスムーズに進めやすいです。
参列者がいるならば、一般葬儀を行えばいいですし、家族または少人数であれば家族葬儀にすれば問題ありません。
それぞれ違いますので、状況にあわせて選ぶこともできます。